ピアノ|大阪梅田・京都三条のロキシーピアノ教室

ピアノとは?

音が出るしくみによって楽器を分類すると、弦楽器、管楽器、打楽器の3つに分けられます。
ピアノの先祖といわれる楽器には、クラヴィコード 、チェンバロ 、ダルシマーなどがありますが、
さらにその祖先をたどると、すべて1本弦の弦楽器に突き当たるのです。
つまりピアノの祖先は弦楽器だったわけです。

ピアノのワンポイントヒストリー

現在のピアノの原型をつくったのは、イタリアのクリストフォリ(1655~1731)でした。
クリストフォリは、チェンバロの音が強弱の変化に乏しいことを不満に思い、1709年、爪で弦をはじいて鳴らす代わりにハンマー仕掛けで弦を打って鳴らすという 、現在のピアノにつながるメカニズムを発明しました。
彼はこのメカニズムを備えた楽器を「クラヴィチェンバロ・コル・ピアノ・エ・フォルテ」(弱音も強音も出せるチェンバロ)と名付けました。
この名前を短くつめて、現在は「ピアノ」と呼ばれているわけです。

<< 前のページに戻る

↑ PAGE TOP

ピアノ教室